NEWS

【採択企業決定】アーリーステージのスタートアップに特化した 約4ヶ月間のアクセラレータープログラム 「KERNEL Global Startup Camp 2022 Winter」に3社が採択

AI特化型ベンチャーキャピタル(VC)である株式会社ディープコア(本社:東京都文京区、代表取締役:仁木勝雅​​​​、以下「DEEPCORE」)は、海外進出を見据えるスタートアップを対象としたアクセラレータープログラム「KERNEL Global Startup Camp  2022 Winter」の採択企業3社を決定いたしました。2022年12月から2023年3月にかけて、ビジネスモデルの構築、実証実験や資金調達等の実施に向けたレクチャーを行い、3月にDemoDay(成果発表イベント)を実施する予定です。

■採択企業について
第1期となる今回は、43社の応募の中から書類と面談による選考を行い、3社のスタートアップを採択いたしました。

※以下、アルファベット順

社名:NeuralX(本社:米国、拠点:米国)
事業内容:AIに生物学、物理学、神経科学の原理を融合させてデータを合成するジェネレーティブAI
代表者:仲田 真輝
URL:https://www.neuralx.ai/

社名:Spatial Pleasure(本社:日本、拠点:日本)
事業内容:『Model the Real World』- 都市計画AIシミュレーションツールの提供
代表者:鈴木 綜真
URL:https://spatial-pleasure.xyz/

もう1社は採択企業の意向により、現時点で社名非公開とさせていただきます。

■プログラムについて
「KERNEL Global Startup Camp」は、海外市場進出の意向があり、AI及びその周辺技術を対象領域としてサービス・プロダクトの作り込みに集中したいアーリーステージのスタートアップを対象としたアクセラレータープログラムです。参加者はプログラム開始時に500万円(海外法人の場合は4万USドル/為替レートに応じて変動の可能性あり)を獲得し各種支援を受けることができるため、事業に専念することができます。

4ヶ月間のプログラムでは、 ①Customer/Problem-Fit ②Problem/Solution-Fit ③Solution/Product-Fit とフェーズを分けて毎週特定のテーマでレクチャーを実施し、ベースとなる知識や事例を提供するとともに週次のペースメイクを行います。プロダクト・サービスの仮説検証に取り組んだ上で、次の資金調達のためのアウトプットを作り上げます。

プログラム期間中は、DEEPCOREのキャピタリスト・アドバイザーに加え、世界で活躍する起業家や投資家など豪華メンター陣がサポート。また、海外在住の参加者や国内外で活躍する先輩起業家との交流の機会もあり、縦と横両方の繋がりができます。

■今後の予定
採択企業は12月から3月にかけて、ビジネスモデルの構築、実証実験や資金調達等の実施に向けたレクチャーを受け、2023年3月に実施するDemoDayにて成果を発表する予定です。

■公式noteについて
DEEPCORE及び KERNELの公式noteでも「KERNEL Global Startup Camp」に関する情報を公開しています。ぜひご覧ください。
https://note.com/deepcore_kernel

【会社概要】
会社名  :株式会社ディープコア
代表取締役:仁木勝雅
本社   :東京都文京区本郷4-1-4 Design Place α 3F, 4F
URL   :https://deepcore.jp

このサイトはお使いのデバイスを
縦にしてご覧ください。