NEWSAIインキュベーション事業の開始について

2018年01月29日

株式会社ディープコア
ソフトバンクグループ株式会社

ソフトバンクグループ株式会社が100%出資する株式会社ディープコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:仁木 勝雅、以下「ディープコア」)は、学生や研究者、起業家を対象に、AI(人工知能)分野に特化したインキュベーション事業(以下「本事業」)を開始しますので、お知らせします。

本事業では、AI分野、特にディープラーニング領域における優れた若手起業家人材を育成し、スタートアップ支援を行います。事業展開に当たっては、さまざまな教育研究機関や企業と連携しながら、共同プロジェクトの推進やスタートアップ企業育成につながる新しいエコシステムを構築し、ディープラーニングの社会実装※と起業家育成を目指します。まず、日本でディープラーニング領域の研究をリードする東京大学松尾研究室(研究室長:松尾 豊特任准教授)と共同研究契約を締結し、企業との共同プロジェクトの実施や起業家育成を進め、今後、他の教育研究機関などにも連携範囲を拡大していきます。

※研究活動により得られた成果を社会に還元し、社会における問題解決のために応用、展開すること。

ディープコアは、公募を通じて選抜されたメンバー向けに、主に以下の3つの取り組みを行います。

1.インキュベーション施設と計算資源の提供

東京都文京区本郷に、先進的なコワーキングスペースを開設するとともに、NVIDIAの協力の下、GPUなどのAIコンピューティング プラットフォームを用意し、自由に研究開発できる環境を提供します。

2.企業との共同プロジェクトの実施

企業と共同で実証実験などを実施し、最先端のディープラーニング技術などを活用して、実社会における課題解決に取り組む機会を提供します。ディープコアが、ソフトバンクグループの一員であることを生かして、産業界とのアクセスを構築すると共に、プロジェクトマネジメントや各種サポートを行います。

3.スタートアップ支援

起業意欲がある優れたメンバーについては、創業支援を行います。

今後は、2018年2月1日よりメンバーの公募を実施し、2018年春にインキュベーション施設を開設します。詳細は、ディープコアのウェブサイトでお知らせします。

株式会社ディープコア

商号

株式会社ディープコア

本店所在地

東京都港区東新橋1-9-1

代表者

代表取締役社長 仁木 勝雅

株主

ソフトバンクグループ株式会社 100%

加盟団体

一般社団法人 日本ディープラーニング協会(正会員)

URL

http://deepcore.jp/

 

 

SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。